10分ブログ

1記事10分で書くブログ

眠いときは10分ひらすら文章を書く目が覚める

今自分めちゃくちゃ眠いです。 ランチ後の眠気に襲われてます。 ついでに気圧が激下がり中なので、眠気の波も非常に大きいいです。 手のひらが温かいです。ベッドがあったら寝ちゃいます。 とてもじゃないけど仕事になりません。 でも実は大事な会議がこのあ…

Androidスマホ、Androidタブレット、Chromebookの使い分け

持ってるデバイスをスペック順に並べるとこう↓スマホ > Androidタブ > Chromebookでもこれが、触りたい順に並べるとこう↓Chromebook > スマホ > Androidタブこれが体験の差ってやつなんだと思う。— NAE@3倍速 (@naenotenet) November 26, 2018 上記につ…

社会的XXX

生物的な性(Sex)と社会的な性(Gender)が別概念と認められるなら、年齢・肌の色・髪の色、あらゆる身体的特徴を「生物的」と「社会的」に分けて考えることはできないのか。 そうすれば実は、生物的には30代中盤の日本人男性である自分も、社会的には10代…

コンサル企業、少なくともうちの会社は相当「働き方改革」している感がある

某大手コンサルティングファームに所属しているのですが、最近よく聞く「働き方改革」のいろいろな打ち手、「そんなんできて当たり前じゃん状態」に見えてます。 リモートワーク→あたりまえ いろいろな客先を出入りするため、リモートワークができるしくみが…

アメリカAmazonから3万円以内で買えるものを物色しているが、なかなかいいものが見つからない

原因は簡単で、ほしいものがないからである。 ・・・ ことの発端は、とある個人輸入系業者からのレビュー依頼だった。 「体験記事を書いてほしい。報酬はレビュー向けの商品代金を含めて3万円。」 かなり良い条件なのにくわえ、個人輸入は自分の興味の強い分…

タダでお金をあげる恐怖

「この人は頼れる」と思った瞬間、遠慮なく寄りかかってくる人が結構いるわけでして。 そういう人に親切心1つでお金を渡し続けるのはリスキーなのではと。 遠慮なく寄りかかる=自分の足で立とうとしない=本人が育たないリスク 遠慮なく寄りかかられ続ける…

2018年9月中旬のブログ系ツイートのまとめと所感

全部自分のですがあしからず。 スキマ時間の使い方 本業で疲れたら、休み時間と称して副業のタスクをこなす。副業のタスクが飽きてきたら、気分転換に本業のタスクに取り組む。以下繰り返し。すると不思議なことに生産性が倍になる。これトリビアになりませ…

Twitterを見る時間を減らして記事を書いたら2日で1記事できあがった

ここ数日、意図的にTwitterを見る頻度を減らしている。 TLの話題は追っていると楽しいものだが、それが特にアウトプットに繋がらないと思ったからだ。 試しに、できたスキマ時間でスマホからレビュー記事をちまちま書いてみたのだが、なんと2日で1記事できあ…

VIVO Nexは正直期待はずれだった

フラッグシップしか出さない戦略の中国VIVOが打ち出した、最新の高性能スマホVIVO Nex。 個人的にはかなり注目していたんですが、内側を見てみると日本人にとってはかなり残念な仕様になっているようです。 japanese.engadget.com

1年前に書いた記事が突然バズったので記録

約1年前(2017年8月)に書いたこちらの記事が突然バズりました。 スマホ1つで要約力をゴリゴリ鍛える効果的な方法「サマってシェア」

駅から家までの道のりを「歩き瞑想」すると疲れが取れやすくて良い

地元の駅から我が家まで、歩いてだいたい10分くらい。 いつもは音声入力で文章を書いたり、音楽を聴いたり、Twitter を眺めて過ごすんだけど、今日は久々に「歩き瞑想」をしてみた。 「歩き瞑想」とは、その名の通り歩きながら瞑想することである。 瞑想と言…

初めてセブンイレブンのイートインでランチを食べてみた感想

仕事に妻の弁当を持っていっているんだけど、オフィスリノベーションの関係でデスクで昼食を取れなくなった。 しょうがないので近くのセブンイレブンのイートインに弁当と持ち込んだ。 はじめての経験だったので、思ったことを書いてみる。

10分ブログは朝と昼過ぎに書こうと思った

10分ブログで脳トレ・執筆力トレをするにしても、問題はいつやるか、だ。 朝、昼、夜。10分というスキマ時間はどこでも作れる。 が、どうせやるなら副次的な効果も狙いたい。 考えた結果、朝と昼過ぎがよいという結論になった。 決めたきっかけになった本 脳…

10分タイムアタックを再開しようと思った話

再開しようと思ったので、考えたことを書きます。 10分ブログのもともとの運営目的 10分でどれだけ濃いものを多く書けるか試す、自分の修練場とする。 これがもともとの10分ブログの位置づけでした。 本ブログの位置づけ変更の煽りをうける しかし本ブログna…

姿勢が良いと美しさが3割増しになる

男女問わず、姿勢が良いだけで所作が美しく見える。 体感、というか個人的な感覚だが、3割増しくらいにはなる。 なので猫背だったり肩が前に出ている人を見ると「もったいないなあ」と思うのである。

ブログ愛の構成要素

ブログ愛が伝わってこない時点でプロブロガー失格 ・・・的なツイートを見かけて、考えてみたことを整理せずに書いてみます。 ブログ愛ってなんでしょうね?

Amazon Musicはブラウザで聞くと調子が良い

本社や客先による予定がないのでカフェ作業中。 親子連れが多い地域ということもあり、幼稚園送りが終わったママさんたちがお喋りしている。 そんななか一人、プロジェクトの実行計画の細かいやつをチマチマ作っていわけですが、まわりがうるさいのでBGMがほ…

「スピーチノート」アプリより普通にGoogle音声入力使ったほうがトータルで早いかも

今度は Google Keep と Google 音声入力の組み合わせで書いています Google 音声入力を都度起動して、 句読点や改行は音声入力が終わった段階で 入れる、という感じです。 都度キーボードと音声入力を切り替えるのは確かにオーバーヘッドですけど、 オペレー…

今度はAndroidアプリ「スピーチノート」だけで音声入力記事を書いてみた

先ほどはスマホとpC の組み合わせでグーグルドックスで記事を書いてみました。 今回は、android アプリ「スピーチノート」だけを使って、音声入力で記事を書いてみています。 文字の入力もスマホだけ、句読点や改行の入力はスピーチノートのキーボード、誤変…

Google Docsを使ってスマホとPC同時入力で記事を書いてみた

この記事は Google Docsとスマホの連携で書かれています。 スマホ側はAndroid、 パソコン側は愛用のChromebook Flipを使っています。 Google音声入力を使って原文を書き、グーグルドックス側でそれによって修正をかけているイメージです。 見出しはあとから…

「モチベーション革命」を読んだら炎上系インフルエンサー/プロブロガーの性質が垣間見れた

Kindle Unlimitedで無料になっていた「モチベーション革命」を読んだ感想です。

仕事中に食べるブラックサンダーはうまい

仕事で一息ついて向かうコンビニ。 手にとるのはいつも、ブラックサンダー。 味、値段、大きさ、腹持ち、そしてバリエーション。すべてが完璧なのだ。

眠いときは文字を書くと目が覚めるメカニズム(自説)

昨日寝たのが1時半過ぎ。今朝は事情があって6時おき。 眠い。とても眠い。とんでもなく眠い。 しかし提案書を仕上げないと今日が終わらない。どうにか眠気を飛ばさないと明日の自分が死ぬ。 なので今、このブログを書いている。なぜか。眠いときは文字を書く…

10分ブログをはてなブログへ移行しました

移行しました。 理由は、独自ドメイン+WordPressでやっていく理由が見つからなかったからです。

洗濯機回収業者に言われて驚いたこと

8年モノの洗濯機をとうとう買いかえることにした。 Amazonで質のよい型落ちのドラム式洗濯機を見つけたからだ。 明日届くのにあわせ、古いものを回収してもらおうと、評判の良い回収業者に連絡したのだが……

世の中には3種類のタスクがある

創造性を発揮してほしい右脳系タスク 頭に汗かいて考える左脳系タスク 何も考えずに手を動かしてほしいタスク

自分の責任範囲を必要以上に広げないほうが幸せになれる

人は人、自分は自分。定められた責任範囲を超えてケアしすぎると無駄に消耗するだけだと思いました。 あまりにセクショナリズムが過ぎるのはもちろん悪だけど、だからといって全てを自分の責任のように感じるのは、精神衛生上よくありません。

アドテクを学んでみようと思う

とあるニュースから、自分はアドテクに興味があるんだという点に気がついた。 点と点がつながった感触を、ブログに残しておこうと思う。

久しぶりに眠剤を飲んだら本当によく寝られてビックリした

半年ほど前まで休職しており、心療内科で睡眠薬をもらっておりました。 今はすっかり脱・眠剤してるのですが、昨日、部屋のすみに余った眠剤を一錠見つけたんです。 まあ懐かしい、と飲んで寝てみたんですが、これがまあよく効いたので感心しました。

Chromebookだと全然肩がこらない

私用のChromebookを使っていると肩こりが起きにくいです。 やっていることは同じ内容の仕事なのに、なぜなのでしょうか。 会社PCは、標準的なノートブック 会社PCは、某H社のノートブックです。 13インチと少し大ぶりで、重量は1.3キロくらい。 目立って変な…