10分ブログ

1記事10分で書くブログ

はてなブログの個人営利利用許諾は「悪」を飲み込む覚悟のあらわれなのか

staff.hatenablog.com

このニュースを見て、久しぶりに当ブログの管理画面を開いたので、せっかくだからいろいろ買いてみる。

ブログ継続に収益は必要だ

個人の日記をネットに書くことですべて完結する時代ではもはやない。

ネットはもはや社会インフラであり、維持管理には金がいる。

その最細粒度がWebサイトであり、その一形態がブログなのだ。

ブログ運営・維持=コンテンツ製作には金がかかり、続けるのも当然、金がかかる。

これまでボランタリーで成り立っていたのは、規模が小さかったからにほかならないと思っている。

収益を得ることは、責任を伴う

一方、一般的に収益を得る行為は責任を伴うものだ。

収益とは価値提供の見返りである。価値を認められなければ収益は生まれない、というより生まれてはならない。

つまり価値を提供しなければならない、という責任が発生する。

100円払ったのに商品やサービスが提供されなければ誰しもが怒るだろう。

しかしブログに広告を掲載する場合、そこには2種類の責任がある。広告主に対する責任と、広告を見る人に対する責任だ。

広告主に対する責任とは、「見られる回数」「クリックされる回数」などである。見えにくい価値なので責任を感じにくいが、責任がないことにはならない。

一方広告を見る人への責任とは、広告を含む自分のブログがブログ読者に価値を提供していることに対するものだ。

この2つの方向性にそ、ブログにおける広告の難しさがある。

責任のバランスなき収益追求は悪を生む

それは、どちらの責任を重視するかでブログはEvilに堕ちる、という点だ。

たとえば読者への責任のなかには、ブログのコンテンツが信頼に足るものにすることも含まれるが、広告主への責任を重視しすぎるがゆえ、読者をないがしろにする記事があったとする。

たとえば、サービス内容を無視してアフィリエイト報酬の高い順にランキングを作っている記事や、事件の容疑者や芸能人の名前をあげつらってアクセスを集めるタイプの下品なトレンド記事である。

「(女優名)の離婚歴は!?」→「そもそも結婚してないので離婚歴なんてありませんでした!」

「(俳優名)に隠し子疑惑?元カノのFacebook写真も!」→「調べたけど見つかりませんでした!」

といった手合いだ。

このように、まったく価値がない記事、金に目がくらんだネットの害悪が生み出すゴミクズは、責任のバランスを失った利益追求の生み出すEvilである。

はてなブログは「悪」を飲み込む覚悟はあるのか

個人ブログに利益追求を許容するということは、上記のようなゴミクズが大量に「はてなブログ」にあふれかえることを公的に認めることだ。

個人のふりをしてアカウントを大量生産し、広告まみれのゴミ記事を大量生産する行いを「はてなブログ」は飲み込む、という意思表示である。

つまり、「はてなブログ=ゴミ記事量産サービス」と揶揄されるリスクを許容する、ということだ。

その覚悟が「はてなブログ」にはあるのだろうか。

(あるから営利目的を許諾しているのだろうけど)

まとめ

ぼくはもはや「はてなブログ」から離れて久しく、ネットの孤島で記事を買いて楽しんでいる仙人のような存在になっている。

なので「はてなブログ」がゴミ記事で溢れても、特段なにも感じない。対岸の火事である。

しかし仮に対岸の火事がこちらに流れ込んでくる局面が来るならば、黙っていられない。燃えたゴミを川に流されてこちらの岸が汚染されては困る。

ぜひ「はてなブログ」には、飲み込んだ悪がネットの海で毒にならないよう、できる範囲でがんばっていただきたい。

富澤(TOMIZ)のくるみローストが死ぬほど美味かった

富澤(TOMIZ)のくるみロースト(1kg)を買ったらめちゃくちゃ美味かったので、つい記事にしたくなった。

富澤を知ったきっかけ

もう8年ほど前になる。

当時彼女だった妻が一人暮らししていたターミナル駅に「富澤」の店舗があった。

彼女が「富澤をよく見ている」ということで、遊びにいくたび寄っては、ちょっとしたお菓子を買って行っていた。

結婚してから富澤とは疎遠になった

しかし妻と結婚して新居を構えてから、富澤とはすっかり疎遠になった。

住む場所が変わり、富澤に寄らなくなったからだ。

「そういえば最近、富澤のやつ買ってないね」と話すことはあったが、そのためだけにターミナル駅まで行くことはなかった。

ナッツにハマった

それから8年、30中盤にさしかかったぼくは体型維持を気にし始めた。

仕事先のランチはサラダとチキン。炭水化物は少なめ。

お菓子を買うのをやめ、ナッツ類を食べるようになった。

そこでナッツにハマったのである。

家でもナッツを食べるようになった

「ナッツって結構うまいぞ」

そう感じたぼくは、家でのおやつにもナッツを選ぶようになっていった。

しかし都度コンビニやドラッグストアで買うのはコスパが悪い。

思い切って、Amazon楽天の1kgパックを買うようになった。

安い1kgミックスナッツはまずい

そこで気がついた。

2,000円ほどの安値で売っている1kgのミックスナッツは、値段相応でしかない。

  • ミックスと言いながら8割がアーモンド
  • 油分が抜け、ひたすらカサカサしている
  • 小粒でやせ細っている

要するに、まずいのだ。乾いたなにかを口に放り込んでいる気分である。

富澤を思い出した

そこでぼくは富澤を思い出した。

Amazonを探す。売っている。富澤でなくTOMIZという名で。

値段は1kgで2600円。安値のものより600円高い。

喜んでTOMIZのミックスナッツを買った・・・つもりで、間違ってくるみローストを買ってしまった。

「しまった、あのカサカサの塊を1kgも・・・」

落胆である。安値のミックスナッツの中でも突出してまずかったのがくるみローストだったからだ。

いかに富澤でも、くるみ単品で美味しいわけがない。

富澤の実力を甘く見ていた

しかし、それがめちゃくちゃ美味いのだ。

驚くくらい芳醇で、どれだけ食べても食べ飽きない。

その昔、アメリカの食レポ

「日本のステーキなんてこんなにファッキン小さいんだぜ!」

「なのに値段がめちゃくちゃに高いんだ!クレイジーにもほどがあらあ!」

(実食)

「ぼくたちがこれまで食べていたステーキはサンダルの底だったのかもしれない(真顔)」

となった話があるが、まさにそのレポーターと同じ気分である。

一生懸命食べていたあのカサカサの塊は一体なんだったんだ。

富澤はぼくを良い意味で裏切った。ぼくは富澤を甘く見すぎていた。

8年越しの富澤は、ぼくにもう一度驚きと感動を与えてくれたのだ。

まとめ

富澤のくるみローストは死ぬほど美味しい。

きっとまた次も買うと思う。

ブログを書くにも「助走」がいる

真っ白いエディタの前で「さあなにを書こう」と考え始めても効率が悪い。

記事の根幹である想定読者、伝えたいメッセージ、そのための目次構成、必要なインプット、表現のしかたなど、執筆前に考えるべきことは山ほどある。むしろそれらがないまま記事を書こうとしても、一向に手は動かない。

今回は、それらを考えたあとの作業=執筆における効率化に「助走」が有効だ、という話である。

続きを読む

単位としての「いきなりステーキ」

とあるガジェットが猛烈に欲しくなった。

値段はタイムセールで3800円。セールが終わると4800円。

買うか悩んだ末に出てきた比較軸が「いきなりステーキ」だった。

続きを読む

30後半になって酒の量が増えた。理由は?

35歳と半年。これまで自宅で晩酌などしなかった。飲んでもおちょこ2杯分くらいだった。

しかし最近、軽く徳利1本は飲んでしまう。明らかに酒量が増えた。

なぜなのか?

続きを読む

ニトリのL字ソファ「ウォール2」にピッタリのソファカバーが存在しないので、ボックスシーツとオットマンカバーでどうにかしました

ニトリのL字ソファ「ウォール2」を買ったんですが、ニトリに問い合わせても楽天Amazonなどでいくら探しても、ピッタリのソファカバーが見つからず、困っていました。

しかしわがやは小さい子供がいますし、ウォール2はカバーを取り外せないので、ソファカバーは必須。なんとかせねば……

ということで、なんとかしたので解決策をまとめました。

続きを読む